発展しているバス業界|夜行バスの魅力│時間を有効活用しながら快適な移動を
レディ

夜行バスの魅力│時間を有効活用しながら快適な移動を

このエントリーをはてなブックマークに追加

発展しているバス業界

女性

低価格と時間の有効利用という面でおすすめになっている夜行バス。歴史は意外と古く、1960年代まで遡ります。当時国鉄が列車の補完と、正月やお盆の帰省の需要に応えて走らせていました。この時のバスは観光バスと同じ4列シートの車両を使用していました。 1986年、現在の夜行バスの主流となった「ムーンライト」号が登場し、その後「キャメル」号、「ノクターン」号などの最新バスが次々と運行開始し、高速道路網の発展と比例して夜行バスネットワークも発展していきました。 その後2001年の道路運行法の施行によりツアーバスが参入し、高速バスの価格競争が激化していきましたが、一方で安全軽視の傾向が問題視されていました。そして3年前の関越道の事故以降、規制が強化され安全性が向上し、現在に至ります。こうした変化が、数ある移動手段の中でもおすすめにされているのにはうなずけるでしょう。

近年、おすすめとされている夜行バスは「いかに車内で快適に寝れるか」をテーマにして日々進化し続けています。 カーテンや仕切りで個室のような空間を確保したバス、プライベートモニターで映画、ゲームなどが楽しめて退屈しないバス、寝返りがうてるよう設計されたシート、温熱ヒーター内蔵シート、プラズマクラスター搭載バスなど、まるで飛行機のビジネスクラス、もしくはそれ以上の快適な車内を生み出しています。 女性の利用客に対して隣の席を女性にするなどの配慮をするバス会社は元々ありましたが、最近では女性専用車両を運行するバス会社も増加していて、女性でも安心して利用できる夜行バス環境を整える動きが活発化しています。 これからの夜行バスの進化がとても楽しみですし、需要も増えていくでしょう。快適な移動を叶える為にも、おすすめとされているバスを探して旅行計画を立てていくことが大切です。